義眼技工士とは?

義眼技工士は目のプロテーゼデバイスを専門とする医療プロフェッショナルです。この専門技術は、カラーや芸術性を理解した上で顔面や眼球の動きや機能を科学的に処理するという技術を複合したものです。あなたの義眼技工士は米国義眼技工士協会により公認されでいます。同協会は、義眼技工士研修のための正式に構築された教育プログラムを提供し、接眼レンズプロテーゼの資格再取得に必要な教育も継続して行っています。

ガラス製の義眼と比べてアクリル製義眼の長所は何ですか?

アクリルを人工プロテーゼに使用すると、より精密な移植が当院ラボでの印象から製作可能となります。この義眼は遥かに軽量で、将来整形手術が必要となる可能性のある下瞼が垂れ下がる可能性を少なくできます。特許登録済みデジタル技術により、自然なディテールは無限です。

義眼の製作コストは?

予算に合わせて幅広いカスタムプロテーゼをご用意しています。目の印象取りと製作、装着までのベーシック眼球があります。このプロテーゼは通常健康保険の範疇でカバーされます。より自然な見た目のプロテーゼをご希望の患者さんにはすべての詳細を提供する準備ができています。印象派は随一の解剖学、生理学に基づいた方法で取られます。オンサイトにて製作するため、必要に応じて組織のリハビリに必要な修正が施されます。組織のリハビリは、自然な動作への手助けとなります。コスメティックな観点では、当院のプロテーゼは今日入手可能などのプロテーゼにも勝ります。当院の特許取得済みデジタル技術により、別の目と比べても著しく自然なプロテーゼを実現しました。当院の患者さんに、自分の目とプロテーゼの区別が付かないと言う方が多数います。

義眼交換プロセスはどのくらいかかりますか?

患者さんがどこまでプロテーゼを自然な見た目にしたいかという究極のゴール如何で必要な時間は担当の義眼技工士とよく話し合う必要があります。

プロテーゼは毎晩外す必要がありますか?

ありません。通常プロテーゼは半年に一回、義眼技工士により取り外されます。装着状況と配置を評価します。プロテーゼはその後取り外され、清掃後眼窩に再装着されます。

プロテーゼを付けていてもアクティブでいられますか?

もちろんです!患者さんにはプロテーゼ着用中にできるだけアクティブでいるようお勧めしています。ランニング、ジャンプ、水泳など、プロテーゼを気にすることなくお楽しみいただけます。

プロテーゼはどのくらいの頻度で交換する必要がありますか?

多くのヘルスケアプロはプロテーゼを5年ごと交換することを推奨しています。眼窩の化学反応により、患者さんごとにプロテーゼの利用可能期間は異なります。プロテーゼにはしかるべき交換時期があり、推奨された時点で交換すべきことを知っておくのは、とても重要です。

強膜シェル義眼とプロテーゼ義眼の違いは何ですか?

強膜シェルはご自分の眼球が残っており、失明している、あるいは変形しているなどのときに使用します。プロテーゼ義眼は元の眼球が「摘出」あるいは「取り外し」されているときに使用されます。

強膜シェルプロテーゼとは?

強膜シェルは、形状が変化し痛みを伴うようになった元の眼球を完全にカバーします。医学用語では、このような目の炎症を強膜炎といいます。

アクリル製強膜シェル義眼のどこがユニークですか?

複雑で繊細な複数層におよぶ、健常な眼球の見た目に限りなく近いディテールの強膜シェルを製造する独自の技術を、当院は有しています。また、二次的拡大技術により、そっと、左右対称で瞼を開けて、デリケートな目の組織を傷めることなく、痛みを伴わない方法で瞬きできます。

カスタムプロテーゼ眼球と強膜シェルプロテーゼのケアをメンテナンスを強くお勧めする理由はなんですか?

組織はアクリル製のプロテーゼ義眼やアクリル製強膜シェルと比べて非常に価値の高いものです。汚染、炎症、感染などを防ぐため、プロテーゼ眼球の適切なメンテナンスを強くお勧めしています。プロテーゼや強膜シェルの研磨、前面クリアコートの塗布などで、 乳頭状結膜炎の原因となるタンパク質の沈着を軽減できます。結膜組織がダメージを受けるを組織の手術が必要となり、出血も伴います。そのため、ウェブページにメンテナンスサービスページを設け、プロテーゼ眼球のケアや必要に応じてプロテーゼ眼球を24~48時間以内に返送することを可能にしています。

AR ZH FR DE HE IT JA RU ES Web Consultation English Site