アメリカ国内外の患者さんたちによる当院成果のショーケース

小児性網膜芽細胞腫
網膜芽細胞腫は、目の網膜に形成される稀な癌性腫瘍です。通常、6歳以下の小児にこの癌性腫瘍が認められます。そのほとんどは1~2歳児に診断されます。

小児性先天性小眼球症
先天性小眼球症は文字通りの意味では目が小さいという発育不全であり、産後すぐに診断されることが一般的です。

眼球萎縮
眼球萎縮は外相により眼球がダメージを受けるか、失明し、萎縮、硬化する状態のことを言います。

摘出

摘出は眼球のみを取り出し、眼球筋や眼窩はそのままにしておくことを言います。この種の眼科手術はさまざまな眼科腫瘍、重度の外傷、その他の疾病による痛みや失明している目などで行われます。

極度に複雑なクチュールケース 外科手術によるエンハンスメントなし

これらの患者さんたちはキャロル・ルイスB.C.O.による組織のリハビリでコストのかかる眼科手術なしに最適化するため、世界から集まってきた人たちです。

特許取得中デジタル円錐角膜強膜シェル™
円錐角膜は目の構造が変化する変性疾患で、角膜が通常のなだらかなカーブではなく、円錐形に近い形に変形します。

極度に複雑なクチュールケース 外科手術によるエンハンスメントあり

眼瞼形成
色を合わせた新規プロテーゼを装着 配置のずれた瞼を定位置に直すため、眼科外科医と協働

AR ZH FR DE HE IT JA RU ES Web Consultation English Site