アクリル製眼窩義眼

Get Adobe Flash player

視力が失われたが目は取り除かれていないという状況において、通常見受けられる外観の衰えは、薄いアクリル製のシェルを使用することで矯正できます。強膜シェルは、形状が変化し痛みを伴うようになった元の眼球を完全にカバーします。医学用語では、このような目の炎症を強膜炎といいます。

複雑で繊細な複数層におよぶ、健常な眼球の見た目に限りなく近いディテールの強膜シェルを製造する独自の技術を、当院は有しています。また、二次的拡大技術により、そっと、左右対称で瞼を開けて、デリケートな目の組織を傷めることなく、痛みを伴い方法で瞬きできます。

薄い強膜シェル プロテーゼ眼球の高度な機能で限りなく自然な動きを実現、シェルの下にある元の眼球はプロテーゼに完全に連動します。ほとんどの場合、適切に移植された強膜シェルは年に2回の取替えとメンテナンスのみで済みます。

AR ZH FR DE HE IT JA RU ES Web Consultation English Site