クリックして拡大

小児科学
小児に関する長年の経験とスキルは、当院がもっとも誇りに思う活動のひとつです。ご家族やお子さんのニーズが、当院がもっとも懸念する部分です。はじめてのコンサルテーション時に患者さんとその後家族に対し、当院ではそれぞれの状況に対してプロとしての、かつ親身なアプローチで臨んでいます。ここでよい関係を築き、お子さんとの信頼関係を結びます。


クリックして拡大
ケーススタディ:
診断: 先天性無眼球症
眼窩腫瘍を刺激するうち、軟組織の発達を促すため瞼と眼科のセラピーが始められます。特許取得済みのデジタル虹彩エンハンスメント技術が濃いチョコレート色の目に比類なきディテールを提供します。

 

クリックして拡大

ケーススタディ:
診断: 先天性小眼球症

この患者さんはアメリカ国外にお住まいですが、早期より当院にて治療を受けています。眼球と顔面骨が生まれたときに著しく未熟な状態でした。リハビリ用瞼と眼窩セラピー(外科手術によらないもの)が眼窩腫瘍と軟組織の再配置を促します。
 

クリックして拡大

写真2 小児の目が見えることに医師たちが驚いている様子 この写真は始めてプロテーゼにより瞳孔に光が透過されている例を示しています。

 

クリックして拡大

写真3 一年生になり、光は強膜シェルにより透過されているという状態ながら顔面骨は正常で、成績もクラスでトップ

親御さんによりChildren’s Foundationsチャリティも設立されました。

Sunshine Foundation – 私設カリフォルニア拠点の視力障害小児向けチャリティ
thesunshinefoundation.com -または- sunshinescarves.com

Montana Shadow Foundation
先天性小眼球症の小児のための全国規模のチャリティ

Children’s Hope – Inte先天的な障害を持つ人々のための国際的なチャリティ

AR ZH FR DE HE IT JA RU ES Web Consultation English Site